お米ができるまで|蛍の飛び交う清らかな水で育った、佐賀県産のお米を通販でお届けします。

お米ができるまで

秋月農園の美味しいお米ができるまで

5月
苗作り
お米作りは、まず苗作りから始まります。
前の年のお米の中から選別した種籾を水に浸すことで発芽しやすい状態にしておきます。
5~6月
田んぼの土作り
田んぼに堆肥や肥料を与え、土の中まで栄養が行き渡るようにしっかりと耕します。
元気な稲を育てる為には、良い土を作ることが必要不可欠です。
6月
苗を植えます
水を張った田んぼに苗を植えていきます。
苗を植える日はいつでもいいわけではなく、天候などの気象条件を確認して田植えに条件のいい日を選びます。田植えの後は、様子を確認するために何度も足を運びます。
7~8月
稲が元気に成長します
稲は、夏の暖かい時期に元気に大きく成長します。
この時期も何度も田んぼに足を運びます。雑草の草むしりをしっかりと行い、稲が十分な栄養を吸収できるようにします。また、害虫も発生するため、駆除するために最小限の農薬を使用します。
10月
稲刈り
稲の穂が黄金色に変わり、垂れてきたら稲刈りの時期です。愛情いっぱいに育てた稲を刈っていきます。
籾は乾燥貯蔵して、来年の種籾に使用します。
11月
来年の準備
来年も美味しいお米が育ついい土壌が出来るように、米ぬかや籾殻を使って土壌づくりをします。

お問い合わせフォームはこちら

お買い物ガイド

Information

秋月農園
〒843-0305
佐賀県嬉野市嬉野町
大字不動山丙256番地

おいしい佐賀県産のお米「夢しずく」の通販を行なっております。蛍がいるほど清らかな湧き水を使用して育てる当園のお米は絶品です。是非お取り寄せください。

0954-43-1756
お問い合わせフォームはこちら

ページの先頭へ